まずはチェック!ITエンジニア転職市場の「今」!

カテゴリ一覧

最新記事一覧

近年のITエンジニアの転職情報

近年のITエンジニアの転職情報

就職難、就職氷河期と言われる時代が長く続いています。求人倍率は多少回復したとは言え、正規雇用の減少や平均年収の横ばいなどを見れば、よほどハイキャリアな人材でない限り、簡単に会社を辞めることはできないと思うのが普通です。しかしそれは、ITエンジニア以外の職種の話です。結論から言えば、ITエンジニアに限っては、むしろ転職するべきです。ITエンジニアはひとつの企業にしがみついて実績を上げても大幅な収入増は見込めません。ITエンジニアの場合は、業界全体の人手不足を利用して、賢く転職することで着実なキャリアアップが見込めます。

成功させたいなら「転職の赤本」は必読!

転職を成功させる為の参考になる書籍として「転職の赤本」というものがあります。元キャリアコンサルタントで現在は転職バーを営む著者が、これまで数多くの転職相談を受けた経験から、転職に対する考え方や働く姿勢の重要さについて綴っています。ITエンジニアとして転職を考えている人にも参考になる事が多く書かれているはずです。また、読んだ人の感想を一部紹介していますので、参考になりそうだと感じたらぜひ手にとってみてください。 詳しくはこちら

ITエンジニア転職市場の動向をチェック!

IT関連の職種における転職市場は、全般的に活況を呈しています。エンジニアであれば、業務系とWeb系の区別を問わず、第二新卒を採用して社内で必要なスキルや知識を教えようという傾向も高まっています。これは求める人材をゆっくり探す時間的な余裕が無いということも影響しています。その他には経験者であれば、QAエンジニアやインフラエンジニアの需要も高めです。ゲーム関連では、アプリ制作のためのエンジニア募集が増えています。またデザイナーも需要が高く、未経験から積極的に採用されています。これらに伴って営業やWebマーケティング職などの募集も増えています。 詳しくはこちら

ITエンジニアの転職はスピードが命

IT業界での転職はスピード勝負です。目に見えない競争相手に差をつけて、採用面接の席を獲得するためには、募集が出たら短時間で反応して応募することが大切です。というのも募集企業としては、書類選考後には通常は2、3回の面接で採否を決定したいと考えているものです。できるだけ効率よく面接を行おうとすれば、まずは応募書類の到着順に面接者をグループ分けし、最初のグループに入った数名を面接します。そこで良い感触が得られれば、それ以上他を求める必要はないのであり、応募者の書類がどれだけ来ようと関係ないというわけです。 詳しくはこちら

リーダー経験のあるエンジニアが求められている

ITエンジニアの転職は、全般的な人手不足が少しずつ解消し、今や単なる手足として動くだけのエンジニアではなく、彼らをチームとしてまとめながらプロジェクトを管理するリーダーやマネージャという地位を任せられるような経験とスキルを持つミドル層が求められています。そしてこのようにターゲットを絞り込んでいる募集企業は、これまでのような費用も高額で応募書類の山を掻き分けなければターゲットに辿り着くことが出来ない非効率的な求人広告から、大勢にアピールすることは無いものの費用も安くターゲットにピンポイントでアピールすることができる広告へと採用手法を変えているのです。 詳しくはこちら

転職希望者におすすめの記事

PAGETOP

Copyright © 2015 ITエンジニア転職最前線 All Rights Reserved.