「転職の赤本」でITエンジニアの転職を成功させる

カテゴリ一覧

最新記事一覧

成功させたいなら「転職の赤本」は必読!

成功させたいなら「転職の赤本」は必読! 「転職の赤本」という本をご存知でしょうか?著者は鈴木康弘さんという方です。著者は元大手人材コンサルタント会社のキャリアコンサルタントであり、現在は転職バーというお店を営んでいます。キャリアコンサルタント時代と現在営む転職バーで、合計10000人以上もの転職相談にのってきた経験から著者が考える転職成功術を学びましょう。ここでは、内容の一部をご紹介しますので、参考になりそうであれば購入してみましょう。


逃げの転職はしない

著者は、この本の中で逃げの転職を繰り返してはいけないと綴っています。職場環境にネガティブな感情を持ち、それを理由に転職をした際に本当にそのネガティブな感情が解消されるかどうかを考えることが大事なのだというのです。実際は自分に問題がありそれが転職理由なのであれば、転職を続けても結局本人は成長できず待遇も悪くなっていく一方です。自身に高い目標を課しそれがクリアできるような状態になった時に、さらなる向上を目指し転職を考えることが望ましいのです。そうすることで、別の会社に転職する際にはよりよい条件で働くことができると綴っています。技術の進歩に伴いスキルアップをし続ける事が必要なITエンジニアには特に言えることかもしれません。

働く姿勢が大事

さらに転職の赤本では、困難な仕事が目の前に迫ってきた際にはそれを成長のチャンスと捉えて取り組む姿勢が大事だと綴っています。そうする事で自身のスキルアップになる他にも、その姿勢や取り組みは周りからの評価に繋がります。そうして責任のある仕事を任されることによりキャリアアップしていくことができるのです。勿論、キャリアアップすれば更に困難な仕事が待ち構えているでしょう。しかしそれもまた、成長のチャンスとして取り組んでいけばよいのです。ITエンジニアであれば自ら積極的に取り込めるスキルが多くあるはずです。常に向上心を持って取り組む心を忘れずに過ごすことが大事なのです。

読んだ人の感想

では実際にこの本を読んだ人はどのような感想を持っているのでしょうか?やはり一番多いのは「参考になった」という感想です。冒頭で記述した通り、著者はキャリアコンサルタントとして、そして転職バーのマスターとしてこれまで数多くの相談にのってきました。その膨大な実績や経験により書かれている転職の赤本の内容は、転職者の実情や著者の実感が詰めこまれています。そのため、リアルな情報として参考になる部分が多いのです。またそういった様々な経験から、転職のメリットだけではなくデメリットについても綴られています。客観的な視点で転職事情に触れてきた著者だからこそ見えてくる転職の本質を簡潔にまとめられた本書は、転職を考えるITエンジニアへの道しるべとなるのではないでしょうか。中には、著者の経歴や価値観に対して面白さを感じる人もいて、転職の赤本から感じ取れる著者の人柄に魅力を感じる人も多いようです。
>>詳しくはこちら
転職の赤本には、豊富な経験と実績から導き出されたITエンジニアの転職に参考になる情報が詰まっています。
>>詳しくはこちら

転職希望者におすすめの記事

PAGETOP

Copyright © 2015 ITエンジニア転職最前線 All Rights Reserved.