プログラマの転職事情を経験別に分析します

カテゴリ一覧

最新記事一覧

経験別プログラマの転職事情

経験別プログラマの転職事情

ITエンジニアの中でも収入が低めなのがプログラマです。IT時代の端境期である今の日本企業のマネジメント層に、プログラマのスキルを正当に評価できる人物がどれほどいると思いますか?プログラマこそ転職で価値を上げていきましょう。プログラマの転職においては、経験値とレベルごとに転職成功のポイントが変わってきます。プログラマの転職は、転職市場の動向と需要を把握し、ぴたりとフィットするところに自身の価値を投入することがポイントです。若手、中堅、ベテランの3段階に大きくわけて、それぞれの転職事情を解説します。

若手プログラマの転職を成功させるには?

プログラミング経験が5年であっても、現場での経験を重ねるうちに自分の将来像が見えて来るものです。そのまま同じ会社に勤め続けていても、自分が望むような仕事を任せてもらえない、あるいはステップアップのためにやりたい仕事がもっと他にあるという場合には転職も一つの選択肢です。その場合にも準備が必要であり、自分のキャリアとスキルを具体的な仕事内容と共に、一つ一つ拾い出します。それと併せて転職先として希望する企業の情報を集めて研究し、自分のこれまでの経歴から転職先でどのような貢献ができるのかなどのアピールできる点を捜しましょう。転職を成功させたければ、それを伝える努力を惜しまないことです。 詳しくはこちら

即戦力の中堅プログラマの転職は?

プログラミング経験5年から10年といえば、中堅として増々の活躍を期待される立場です。このような人材は転職市場でも人気があり、一プログラマとしてはもちろん、プロジェクトのリーダーやマネージャとして、チームをまとめてプロジェクトを適切に導く役割を期待されています。また、中堅と言えば部下を持ち、新人を教育することも期待されています。人を教育するということは、忙しい現場に立ちながらでは時間も手間もかかって中々に骨の折れることではありますが、かつて自分もそうであった新人に、わかりやすく自らの経験を伝えるということは貴重な経験です。 詳しくはこちら

ベテランプログラマはフリーエンジニアの検討も

ベテランであってもIT業界で転職を果たそうと考えるのであれば、待っていても外から声が掛かるぐらいの独自のスキルや人脈、あるいはスペシャリストとしての輝かしい実績が必要です。特に同じ会社に勤め続けているような場合には、外部との接触が少なく、他社でも買われるような腕を鍛えるという視点が日常から抜け落ちてしまいがちです。このようなベテランが転職を考える理由は、業務内容よりも専ら社内環境にあるようです。もちろん合併を繰り返して社内風土が変化したり、容赦のないリストラに怯えるというのは体力を消耗します。しかしベテランという立場上、転職よりもフリーランスへの転向の方が望みがあるかもしれません。 詳しくはこちら

エージェントは活用しないと損!

ITエンジニアの転職なら、転職エージェントを有効活用しましょう。ニーズが高まるITエンジニアの求人情報の中でも、非公開求人といった一般には公開されていない質の高い求人情報を得ることができる他、目まぐるしく動く転職市場の動向も把握することができます。また、転職活動の際に重要になってくる自己のキャリア分析も、経験豊富なキャリアコンサルタントがサポートしてくれます。これらのメリットを理解し、エージェントを有効活用して転職を成功させましょう。 詳しくはこちら

転職希望者におすすめの記事

PAGETOP

Copyright © 2015 ITエンジニア転職最前線 All Rights Reserved.