中堅プログラマの転職には、新人教育やプロジェクトリーダーなどの経験をアピール

カテゴリ一覧

最新記事一覧

即戦力の中堅プログラマの転職は?

即戦力の中堅プログラマの転職は? プログラマ歴5年から10年と言えば、プロジェクトでもチームの取りまとめ役を任されて、中堅として会社の期待を背負う頃でしょう。プログラマとしての実力を外の世界で試したいと考えるのであれば、フリーランスになって存分に冒険してみるのも良いでしょう。転職するとしても、ちょうど企業が欲しがる人材に育っているはずです。


リーダーやマネージャとしての役割を期待

やはりIT人材の転職市場においても、一プログラマとしてのスキルや経験も十分ある中堅は人気です。というのも社内にはその手足となるエンジニアの人数は既に揃っており、この上はプロジェクトを適切に管理してチームを上手くまとめて成果を確実に出せるリーダーや、マネージャとしての地位を任せられる人材を望んでいるからです。そのため転職前に小さくてもプロジェクトを任された経験が有れば、転職の際の武器になるでしょう。仮に経験は無くても、これまでどのようなキャリアを積んで来たのか、具体的な仕事内容を踏まえながら、募集企業に強く訴えられるように自らの強みを再確認することが必要です。そして先を見越して、例えばリーダーとしてプロジェクトを任されたならば、どのようにチームをまとめるのか、またどのように不測の事態を収拾するのか、といった具体的な課題に対する解決策を見つける訓練を積む機会を逃さないことです。

部下を持つ中堅であるが故の役割も

IT業界では他の業種に比べても特別に、技術革新のスピードが目覚ましいため、その時々に必要とされるスキルや知識を身に付けるのは並大抵のことではありません。まして中堅ともなれば、即戦力としての期待はもちろんのこと、その他にも当然に部下の教育も任されます。しかし、企業が自社内でそのような人材を最初から育てるのは大変です。そこで企業としては効率的に、転職市場から必要な人材を調達するというわけなのですが、新人を教育しながら自分の仕事もこなすのは骨の折れるものです。通常は部下を持つということは、一人で担っている仕事を割り振ってそれぞれの負担を軽減するためなのですが、これが得てして逆に手間を増やす結果となることも少なくないのです。というのも仕事を人に教えたり、内容を確認し合ったりということに両者の時間が費やされるため、費用は確実に2倍かかるのに対して、生産性は期待ほど上がらないからです。新人教育にはどんな企業も苦労しているのですが、教えることで初めて自分の知識が本物になると言われるように、他人に教えるという経験は貴重です。相手が考えそうなことや、陥りやすい誤解や危険を先回りして察知して、それをまだ経験の無い相手に分かるように伝えなければなりません。それはかつての自分と向き合うことでもあるのです。

転職希望者におすすめの記事

PAGETOP

Copyright © 2015 ITエンジニア転職最前線 All Rights Reserved.