実務経験少な目の若手プログラマの転職は、将来性を売りにする!

カテゴリ一覧

最新記事一覧

若手プログラマの転職を成功させるには?

若手プログラマの転職を成功させるには? 誰しも社会人になって今の勤め先にそのまま勤め続けて良いものかどうか、一度は悩むものでしょう。もしも隣の芝生が青く見えるというだけのことであれば、自分の実力を少しでも引き上げる努力をすることです。そうすれば周囲の環境は変わらなくても、自分が変わることで状況は変わります。しかし今の勤め先では望む仕事が出来ない、あるいは何か他に経験を積みたいような仕事が明確にあるということであれば、転職を考えるのも良いでしょう。


プログラミング経験が5年までの転職

最初は誰しも初心者です。もちろん興味があって選んだ仕事であるからには、少しぐらいプログラミングをかじったこともあったかもしれません。しかし一人で趣味で行うプログラミングと、チームの一員になって仕事としてプロジェクトの一部を担うのとでは全く違います。まずは最低限の基礎知識を基に、現場での経験を少しずつ積み重ねることで、プロとしての仕事を覚えるのです。そうしてプログラミング経験5年ぐらいまでで、自分の将来像をある程度具体的に思い描くことが出来るようになるでしょう。最終目標の達成に向けて逆算すれば、今の職場での限界も見えて来ます。もちろんそのまま社内に留まっていても、小さなプロジェクトから徐々にリーダーとして、チームをまとめる役割を経験できるような環境なのであれば、そのまま年数を重ねるうちにプロジェクトマネージャなどへのキャリアパスがはっきりすることでしょう。しかし同じ下積みの経験しか積むことが出来ないというのであれば、転職してリーダーとしての地位を勝ち取ることを考えるのも良いかもしれません。

自分のこれまでのキャリアを再確認

さて転職を考えるのであれば、まずはこれまでの自分の経験について、仕事内容も出来るだけ具体的に書き出してみましょう。身に付けたスキルや知識についても同様です。それと同時に、転職したいと思う企業の情報を積極的に集めましょう。そして自分の経験やスキルの中から、転職したい先の企業にアピールできるような要素を丁寧に選び出します。中途採用を考えている企業は、それぞれ必要と考える経験年数を応募の条件に入れているでしょうが、プログラマとして5年ほどの経験が有れば、大抵の求人案件には応募できるはずです。その中から気に入ったものを選んだら、後は自分がその企業の一員に加わった時にどのように貢献できるのかを具体的に考えてみましょう。そうするうちにこの先必要なスキルや経験を、採用先の企業の内外を問わずどのように獲得するのか、という道筋がはっきりして来るかもしれません。募集企業には、あまりに高水準のスキルや経験を持ちながら、求める収入も相応に高いハイポテンシャルな人材を雇う余裕はないでしょうが、だからといってエンジニアに求めるレベルが低くなるわけではないのです。従ってこの転職の成功には、今の自分を最大限に伝えることが不可欠となるのです。

転職希望者におすすめの記事

PAGETOP

Copyright © 2015 ITエンジニア転職最前線 All Rights Reserved.