転職するなら今!ITエンジニアの転職市場について解説します

shinchaku

若手プログラマの転職を成功させるには?

プログラミング経験が5年であっても、現場での経験を重ねるうちに自分の将来像が見えて来るものです。そのまま同じ会社に勤め続けていても、自分が望むような仕事を任せてもらえない、あるいはステップアップのためにやりたい仕事がもっと他にあるという場合には転職も一つの選択肢です。その場合にも準備が必要であり、自分のキャリアとスキルを具体的な仕事内容と共に、一つ一つ拾い出します。それと併せて転職先として希望する企業の情報を集めて研究し、自分のこれまでの経歴から転職先でどのような貢献ができるのかなどのアピールできる点を捜しましょう。転職を成功させたければ、それを伝える努力を惜しまないことです。 詳しくはこちら

ITエンジニアの転職はスピードが命

IT業界での転職はスピード勝負です。目に見えない競争相手に差をつけて、採用面接の席を獲得するためには、募集が出たら短時間で反応して応募することが大切です。というのも募集企業としては、書類選考後には通常は2、3回の面接で採否を決定したいと考えているものです。できるだけ効率よく面接を行おうとすれば、まずは応募書類の到着順に面接者をグループ分けし、最初のグループに入った数名を面接します。そこで良い感触が得られれば、それ以上他を求める必要はないのであり、応募者の書類がどれだけ来ようと関係ないというわけです。 詳しくはこちら

リーダー経験のあるエンジニアが求められている

ITエンジニアの転職は、全般的な人手不足が少しずつ解消し、今や単なる手足として動くだけのエンジニアではなく、彼らをチームとしてまとめながらプロジェクトを管理するリーダーやマネージャという地位を任せられるような経験とスキルを持つミドル層が求められています。そしてこのようにターゲットを絞り込んでいる募集企業は、これまでのような費用も高額で応募書類の山を掻き分けなければターゲットに辿り着くことが出来ない非効率的な求人広告から、大勢にアピールすることは無いものの費用も安くターゲットにピンポイントでアピールすることができる広告へと採用手法を変えているのです。 詳しくはこちら

カテゴリ一覧

最新記事一覧

転職希望者におすすめの記事

PAGETOP

Copyright © 2015 ITエンジニア転職最前線 All Rights Reserved.